槌目もようのマリッジリング #14

結婚指輪の代表的なデザイン技法です。

リングの表面を金づち(金槌)で打つことによって、さまざまな表情をした凸凹が生み出されます。
そのもようは、職人さんの手によってひとつひとつ刻まれていきます-

職人さんの手のぬくもり。
そして、地金が鍛えられるので、とても丈夫なリングとしてTAKUHOでも大人気です。

写真のお2人も、プラチナを使用し、お揃いの槌目もようのデザインで結婚指輪を製作いたしました。
遠方よりお越しで、お渡しの日をとても心待ちにされていて、
リングケースを開けた瞬間、【驚き→のぞき込む→笑顔】に。

ナチュラルな表情が魅力のマリッジリングですので、普段使いでのさりげないワンポイントに。

気になる方は、今週末ぜひご来店ください。

 

instagramFACEBOOK『TAKUHO』で検索